上手な弦の押さえ方。

0
    おはようございます。

    今回は左手で弦を押さえる時のおさらいです。音を響かす基本となりますね。

    押さえるときに意識したいのが、指のてっぺん=爪のちょい下 で押さえることです。

    当たり前かもしれませんが、特に単音っぽい時はここを使って「点」で押さえるようにすると響きが良くなります。

    そしてフレットのそばを狙います。
    これだけでクリアな音になるし、スムーズに指が動くようになりますよ。

    したがって、指のてっぺんばかり皮が硬くなっていくでしょう。こうなるまでは少々痛いかもしれませんが、硬くなってさえすれば快適に演奏できるようになります。当然小指も硬くなるようにがんばりましょう。

    決して強く握らないようにします。指は立てますがある程度の力がないときれいに音がなりませんね。なので親指でネックを押し出すように支えるのです。こうすることでフィンガーボード側の指にも力が入ります。

    しかしこれは人それぞれなのでそこから自分の弾きやすさを追及しましょう。

    それでは、またです。

    グリッサンドについて。

    0
      おはようございます。



      今回はアコギの基本テクニックである「グリッサンド」についてです。これは弦の上を指を滑らして音を鳴らす奏法になります。



      同じようなテクニックにお馴染みの「スライド」がありますね。スライドの場合はある音から次の音まで明確に滑らせて音を発生させます。つまり、最初のピッキングから一定の範囲内のフレットの音は全て鳴るように弾くことになります。



      それに比べて、グリッサンドは音の始まりが決まってないという違いがあります。

      例えば1つのローポジションのコードからハイポジションのコードを弾く場面があるとします。最初のコードを弾いて次に移る時間に、次のコードの少し前(時にはかなり前から)から始まりを決めずに適当にスライドさせて音を繋ぐ方法がグリッサンドなのです。ですので音の終わりが次のコードになるようにそのコードのどれかの弦をターゲットにやってみましょう。滑らしながらピッキングをする様な感じになります。



      これを活用すると音の流れがスムーズに聞こえるため上手に聞こえるようになりますよ。地味ですが意外と大事ですね。困ったら練習している音源でどんな音が出ているか確認してみましょう。。きっとつかめるはずです。



      それでは、またです。

      本日の「ギターを弾きまくロー」

      0
        こんばんは。

        今日もやってましたねー押尾さんの番組。いよいよ来週が「戦メリ」エンディング部分ですね。

        僕もこの曲はだいぶ前に練習したことがありましたが、低フレット側でのライトハンドはだいぶ苦戦しましたので、この番組がその当時やっていたら良かったのになぁと思います。
        しかし細かなところもとても丁寧に解説していますし、指導者としても一流です。

        そういえば以前番組内でイサトさんやヘッジスに影響を受けたと言っていましたが、いまや押尾さんがアコギファンにかなりの影響を与えていますよね。

        さらに懐かしいのが今回の番組最後のライブで「Hard Rain」を弾いてたことです。コーラス強めな音作りが押尾!って感じでしたよね。これもだいぶ昔練習した人も多いでしょう。でもその時とは弾き方は違いますが。。常に奏法は進化してるんですね。

        昔の曲もスラム奏法というか最近の押尾奏法だとかっこいいし新鮮な感じもしますね。新たに取り組むのも面白そうです。とりあえず、生徒さんみたいなアコギが欲しいなぁ(笑)

        それでは、またです。

        耳コピのコツ。

        0
          こんにちは。

          楽譜の無い曲をカバーしたいときによく「耳コピ」を使います。耳でコピー
          する、という意味です。つまり耳で聞いてギターコードを探したり当てはめたりする行為のことです。これに慣れるとどんな曲でも音源を聞くだけでタブ譜なしで弾けたりします。

          弾きたい曲の単音部分は適当に探しても見つかりますよね。逆にコードを探すのは大変なのです。しかし、ちょっとしたコツをつかめばそんなに難しくありません。


          それには二つの方法があります。

          1、歌メロからキー(音程)を拾い、そのキーが含まれるコードを使って探してみます。地味ですが割りと確実です。当然インスト系ではてきません。。

          2、ベース音を拾い、その音が含まれるコードから探してみます。もしくは低音の響きから探ります。

          どちらも細かな部分、例えばメジャーコードなのかマイナー系なのかなどは試していくしかないです。前後のつながりで判断出来るときもありますね。ちなみに曲の最後に使われているコードが曲としてのキーと思っても良いでしょう。あと、押さえる場所(ローフレットなのかハイフレットなのか) についても、慣れていくうちにわかってきます。やっていくうちにコードの響きやテンション感などは聞き分けられますよ。

          絶対音感など要りません。練習あるのみですよ。それでは、またです。

          新生活にアコギ。

          0
            こんにちは。

            新生活が始まり、少しずつ新しい環境になれてきて、しかも連休目前で楽しくなって来ている人も多い時期ですね。僕もその一人です。

            しかし学校や職場から帰宅したあと誰もいないと少し虚しくなりますが、アコギがあるとホッとするのです。よく、お部屋にインテリアとして置く人もいますが、それとは少し違います。

            アコギの佇まいもなんとも言えないのですが、「おかえり、さぁ早く弾いてくれよ!」とか、「今日もガンガン音をだすぜ!」と言っているかのように見えます。そうなると弾かずにはいかないですね。

            今メインで使っているフォルヒは本当に気に入っていて、所有する喜びと、サウンドと、見た目と、、本当にいてくれて感謝しているわけです。たくさん弾いてあげて喜ばせてやりたいと思います。

            もし興味があれば、新生活にアコギを始めてみませんか?その時はぜひ「これしかない!」という一本を持って欲しいと思います。弾き語りでもよいし、ソロギターをやってみるのも楽しいですよ。

            それでは、またです。



            アコギの生音にこだわってアンプから出したいならコンデンサーマイクを付ける手もありますね。


            .

            アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

            自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

            コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

            頑張る人に!

            最近の記事

            カテゴリー

            アーカイブ

            コメント

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM