アコギ用コンデンサーマイク

0
     こんにちは。

    今回はオススメのマイクを取り上げて見たいと思います。
    アコギをより「生音」に近くレコーディングするにはダイナミックマイクよりコンデンサーマイクのほうが向いていますので、コンデンサーで考えて見ます。ダイナミックとコンデンサーの違いは内部構造なのですが説明は割愛させて頂きます。。簡単に言うと繊細な機構にて繊細な音まで感知するということです。

    当然価格の高いものほどより広い音域をカバーできるのですが、意外と低価格なものでもハイクオリティーだったりしますので、マイクは良い音を求めますが安く済ませて、他のものにお金を費やすのもいいと思います。


    ということで、とりあえず僕も使っている単一指向性のコンデンサーマイクをご紹介します。

     RODE NT3

     RODE NT3
    価格:14,800円(税込、送料別)


    RODEというのは割と安いマイクメーカーですが、使って見ると高品質で驚きます。
    このNT3というマイクは比較的小さくて持ち運びも便利です。価格も15000円を切っており
    お手頃なのにアコギのもつダイナミックな響きを再現してくれますのでオススメです。

    ボディーもどっしりした重みで堅牢にできています。しかしコンデンサーマイクは繊細な構造なので
    絶対に落としたりしないようにしてください。壊れます。ボーカルでもしようできますね。
    電池駆動もするし、ファンタム電源でも動作しちゃいます。

    ちなみに付属のケースはちょっとしょぼいので、運ぶときには何かでコーティングしてください。
    使ってないときは乾燥剤をケースに入れておくと良いと思います。
    マイクスタンドは付いていませんので、なにか手に入れましょう。便利ですよ。

    これを使ってアコギを録ってみたらわかりますが、かなりリアルですよ。
    外でセミが鳴いている部屋だと、窓が閉まっていてもセミの声まではいっちゃう勢いです。
    まあそれだけ集音能力があるってことですね。普通はアコギのサウンドホールに向けたり、
    ちょっと距離を離してみたり、角度をつけて見たりしますね。いろいろ向きは試して見てください。

    それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM