ソロギターを挫折しそうになるとき

1

ソロギターを続けていると、挫折しそうになるときがありますね。


例えば、、

一部のフレーズがどうしても引けない

弾きすぎて指がズキズキ痛くなった

張り替えた弦がすぐ切れた

覚えていた弾き方や曲を忘れた

録音して聞いたらド下手だった

友人のほうが上達が早いと気付いた


など、、実は自分の体験談なのですが。
でも数年経った今でもやってますし、楽しめています。

僕の場合はあまりオリジナルを作ったりするよりは、好きな曲を見つけては完コピしていって、できたときの充実感に浸るというのが楽しみなのです。

というか、好きな曲はどうしても引けるようになりたい、と思うのです。だから案外挫折しないのかもしれません。

押尾コータローさんの曲も昔からやってますが、パーカッションが多く入っている曲が気に入ってしまってからは、パームをいれながらどうやってストロークしていいやら、挫折の危機になりました。

でもやっぱりかっこよく弾きたいと思ったし、動画やスコアの解説などで研究を続けて毎日練習してました。爪がだいぶ削れて弾きたくても引けないパターンもありましたね。。

たまに課題曲を練習中に、他人が同じ曲を弾いてる動画を見て凹んだりもしますが、負けたくないと奮い立つことも多いです。

そういえば、他人の演奏動画って物によってはかなり役にたちますよ。へんてこなフレーズでどうやってるか考えるのも面倒な時には参考にするとイメージが沸きやすいです。

というわけで、挫折しそうなときもありますが諦めず頑張りましょう。目標など決めるといいかもです。とりあえず3曲ひけるようになって家族や恋人の前でミニライブをするとか。。どうでしょうかね。

それでは、またです。

・・・そういえば、すごくいい音の弾きやすいアコギを買ってみると
モチベーションが格段に上がりますよ。モチベーションがUPすると練習量も増えて上手くなります!
なので、アコギを買う資金を貯めるのもいいかもしれません。
Whole YouTube ⇐YOUTUBEでお金を稼ぐための教材です。
 


コメント
トリッピンさん、初めまして。
素敵なblogですね。
私もギターにはまって何年か経つのですが、いっこうに上達しません。
これからトリッピンさんのsiteやblogで学ばせていただきます。「とりあえず3曲引けるようになって家族や恋人の前でミニライブをする」という提案に「なるほど!」と思いました。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

.

アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

頑張る人に!

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

コメント

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM