押尾コータロー「Big Blue Ocean」 を弾こう!

0
    こんにちは。

    今回は押尾コータローさんの名曲 「Big Blue Ocean」についてです。以前にもこちらでご紹介しておりますが、やはりこの時期は一番盛り上がる曲に間違いないのですね。

    この曲は難しいところは特にありませんが、トータルでノリ良く弾ききれるかがポイントだと思います。多少楽譜通りでなくとも、勢いでピッキングしていく姿勢も大事かと思います。
    Big Blue Ocean(ビッグブルーオーシャン)という名前の通り、大きな海のような壮大な気持ちで弾きましょう。

    それと、叩いてハーモニクスを出すところは連続するのでタイミングが大事ですね。その次の音へうまく展開するような、上手い繋ぎ方をすると上手に聞こえます。

    あとはメロディーラインが立つように気持ち強めのストロークも必要ですね。これができると聞く側としては気持ちいいです。もしあまりこれができないとなにやっているかわからないです。。ジャカジャカストロークの中にメロディーがしっかり引き立っているようなイメージです。

    いずれにせよ、押尾コータローさんの曲やライブ映像で研究してみるのがいいです。運指やストローク、パームなんかは見てパクるのが一番だと思います。
    あと、ライブなどでリバーブを深くかけすぎないようにしましょう。ぼんやりした音になりますので。

    というわけで、 Big Blue Oceanで夏を満喫できるといいですね。初心者の人でも練習すれば必ず弾ける曲です。大海原を想像しながらコツコツがんばりましょう!


    ↓↓ 「Big Blue Ocean」など名曲が弾ける楽譜です!


    聴衆を魅了するソロギター簡単アレンジ技法

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM