練習不足と握力低下

0
    ソロギターは日々の練習の積み重ねが物を言うと今まで言ってきました。
    おはようございます、トリッピンです。

    本当にその通りで、著名な方でも練習が結果を産むと言ってる方が多いですね。
    そんな中、諸々の作業に追われてしまってまたアコギを持たない約1ヶ月をやってしまいました。

    昨日久しぶりにアコギに触れてみると驚きの握力低下でした。。セーハがしにくく、力が思うように入らない。残念ながらたった1ヶ月でも筋肉は衰えてしまうのですね。若い人ならちがうかもしれませんが、30台半ばの私はかなり衰退を感じます。特に小指の衰えがひどくて、鍛え直さないといけません。あと、ストレッチもやりなおさなくては。

    ちなみに練習曲も若干忘れている部分もあったりしますが、体が覚えていることもあってなんとか思い出しました。少し前に練習していたチューニングの異なる曲は半分は忘れていることもありますね。ちょっと練習から離れているだけでもこんな有り様で、これでは上手くなるわけがありませんね。

    しかも固くなっていた指先の皮はやや戻り始めていて、練習後はちょっと痛みます。
    爪ものびのびになっていたので改めて整えますが、爪だけは健康的にリフレッシュしているような気がします。ちょっと厚くなったような。。

    というわけで、あまり練習を間をあけてしまうと良くないということがお分かりいただけたでしょうか。しばらくすればまた筋肉は戻ると思うので頑張ってみたいとおもいます。
    それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM