メロディーとベース

0
    どうも、こんばんは。

    先日、ソロギター(指弾き)をやっている友人がメロディーパートとベースパートを分けて練習していると聞いて、両方同時進行で弾いたほうがいいとアドバイスしました。

    理由は時間短縮と、曲全体で運指を覚えたほうが完成度が高いと思ったからです。現に僕はそのように練習しています。実を言うと、友人のような練習はしたことがありませんでしたから、どっちがいいと判断できのいのですが、そこは経験で言ってしまいました。

    しかし、全く聞いたことが無い曲であった場合や、どちらかのパートが難しいフレーズであった場合は、部分的に分離して練習してもいいかもしれません。そのほうが音の流れが理解しやすいかもしれませんね。指の運び方を捉えやすくなりますね。ただしかなり難解なタブ譜やギャロッピングをやるときなどに限りますが。

    基本はやはり、まずざっくり曲を聞いてみてから部分的に練習して、全体を通して弾けるようにします。やはりメロディーとベースのパートごとには分けずに同時に進めることだと思います。

    うまくいかないところはひたすら繰り返します。ピッキングがもたついてしまうようなら右手がスムーズにピッキングできるように体に叩き込みましょう!どんな曲でもきっとできるはずです。


    基礎を固めたいと思う人には「ソロ・ギター練習帳」も良いですよ。

    地道に練習するのが、良い演奏へつながりますね。
    それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM