グリッサンドについて。

0
    おはようございます。



    今回はアコギの基本テクニックである「グリッサンド」についてです。これは弦の上を指を滑らして音を鳴らす奏法になります。



    同じようなテクニックにお馴染みの「スライド」がありますね。スライドの場合はある音から次の音まで明確に滑らせて音を発生させます。つまり、最初のピッキングから一定の範囲内のフレットの音は全て鳴るように弾くことになります。



    それに比べて、グリッサンドは音の始まりが決まってないという違いがあります。

    例えば1つのローポジションのコードからハイポジションのコードを弾く場面があるとします。最初のコードを弾いて次に移る時間に、次のコードの少し前(時にはかなり前から)から始まりを決めずに適当にスライドさせて音を繋ぐ方法がグリッサンドなのです。ですので音の終わりが次のコードになるようにそのコードのどれかの弦をターゲットにやってみましょう。滑らしながらピッキングをする様な感じになります。



    これを活用すると音の流れがスムーズに聞こえるため上手に聞こえるようになりますよ。地味ですが意外と大事ですね。困ったら練習している音源でどんな音が出ているか確認してみましょう。。きっとつかめるはずです。



    それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM