耳コピのコツ。

0
    こんにちは。

    楽譜の無い曲をカバーしたいときによく「耳コピ」を使います。耳でコピー
    する、という意味です。つまり耳で聞いてギターコードを探したり当てはめたりする行為のことです。これに慣れるとどんな曲でも音源を聞くだけでタブ譜なしで弾けたりします。

    弾きたい曲の単音部分は適当に探しても見つかりますよね。逆にコードを探すのは大変なのです。しかし、ちょっとしたコツをつかめばそんなに難しくありません。


    それには二つの方法があります。

    1、歌メロからキー(音程)を拾い、そのキーが含まれるコードを使って探してみます。地味ですが割りと確実です。当然インスト系ではてきません。。

    2、ベース音を拾い、その音が含まれるコードから探してみます。もしくは低音の響きから探ります。

    どちらも細かな部分、例えばメジャーコードなのかマイナー系なのかなどは試していくしかないです。前後のつながりで判断出来るときもありますね。ちなみに曲の最後に使われているコードが曲としてのキーと思っても良いでしょう。あと、押さえる場所(ローフレットなのかハイフレットなのか) についても、慣れていくうちにわかってきます。やっていくうちにコードの響きやテンション感などは聞き分けられますよ。

    絶対音感など要りません。練習あるのみですよ。それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM