サドルの加工で弦高調整

0
    どうもこんにちは。

    ハイフレットが弾きにくいとか、指が痛くなるのが早いとか、そういった悩みってありますよね。
    そこで今回はサドルを削る弦高調整についてです。手っ取り早く弦高を下げて弾き易くします。
    主にプラスチック・タスク・木製の素材などが対象になります。

    これに際して予め注意するべき点は…
    削り過ぎてしまうと戻らないし、音量が下がったり、ビビりが発生する場合がある。
    適当にやってしまうと音質が下がる。
    デリケートな部品の為、ハーモニクスが狂う可能性がある。


    以上の注意点を読んで頂いて、その上でやってみたい人は弾きやすい弦高を手に入れるためにがんばりましょう。
    (でも予め、失敗した時に代わりになるサドルを手にいれておくのが望ましいですよ)


    まず弦をはずします。
    次にサドルを引っ張り出します。出ない場合はペンチなどを使用しましょう。
    弦が乗る側ではなく、ブリッジ側をどこまで削るのか目安を決めて横に鉛筆でまっすぐな目印を書きます。一回に削る幅は多くても2ミリ程にしておきましょう。
    粗めの紙ヤスリ(サンドペーパー)などを用意して、サドルの下面(ボディーとの接地面)を前後に擦ります。この時万力とステンレスや鉄のヤスリを使うと作業が早いです。
    コツはサドルが変に傾いたりしないように、底の平面をキープするようにし擦ります。これが仕上がりを分けます。
    また、削りたりなければやり直せますが、削り過ぎると元にもどらないので、慎重に作業します!
    仕上げに、目の細かいヤスリで少し整えます。平らなところでチェックしながら、削っていた面が平らになっていることを確認します。
    ブリッジにぴったり接することで豊かな弦振動をボディーに伝えることがでくるので、音が良くなります。
     

    ↑こういうバイス(万力)で固定して鉄などのヤスリで作業すると、効率も仕上がりもよくなります。
    デリケートなサドルですから、きちんと平面を出すように加工しましょう!

    というわけで、以上です。
    初めての場合は慎重にやりましょう。
    不安がある場合は、無理せずショップに依頼してくださいね。
    それでは、またです。

    ギター初心者が最速で上達する究極の方法〜3分ギター教材

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM