ストリングヒットの鳴らし方。

0
    こんにちは。

    今回はストリングヒットについてです。ストリング=弦 というわけで、右手の親指を使って弦を叩いてリズムを刻むテクニックですね。ソロギターではしばしば登場するテクニックなので覚えておきましょう。


    さて、ストリングヒットの鳴らし方を確認しましょう。
    ・アコギの構えは通常で良いです。叩く場所もどこでも良いですが普通はサウンドホール〜ネックの付け
     根あたりの範囲が良いと思います。
    ・右手親指の左側面あたりで、6弦を軽く叩きます。すると弦がフレットに当たって音がでます。
    ・強さ的には「チャッ」っと鳴る程度です。実際には演奏のなかで入れていくので強く叩くと次のピッキングに
     影響してしまいます。
    ・5弦で入れる場合でも、6弦も一緒に叩きます。むしろ6弦メインで5弦は消音のために触れる程度で
     OKです。


    というわけで、あまり難しいことはありませんね。コツは叩いたあとのピッキングまでスムーズに弾けるように、親指の先っぽなどで叩かず、第一関節あたりで固定することでしょう。
    ストリングヒットを入れながらうまくリズムキープするとカッコよく聞こえますよ。

    それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM