弦のミュート

0
    こんにちは。

    今回はミュートについてです。これは余計な音を鳴らさないテクニックのことです。

    エレキギターでみられるような効果音的なミュート奏法とは違い、ソロギターにおけるミュートは上手な演奏をするためには欠かせない要素といっても良いでしょう。


    なぜかというと、メロディーやベース音を弾いていく中で、少し前に鳴らした音を切って次のフレーズに綺麗に入るとか、伸ばした音が原因で響きが悪くなるときにミュートして音を切ってあげるとスッキリとしてくるのです。

    それと、通常のコードにしても弾かない弦がある場合がありますよね。あの場合は最初からミュートします。

    ミュートするには左手の指を寝かせて、鳴らしたくない弦に軽く触れます。この時、意識が強すぎると運指に影響が出てしまいますので、近くを押さえている指を少し傾けて弦に触れて軽く消音するという感じが理想ですね。6弦の場合などは親指を出して触れると良いです。

    最初はわかりずらいと思いますが、曲が一通り弾けるようになったら、このミュートについても考えて、鳴らす部分は鳴らしてあげて、不要な部分は出来ればミュートしてあげれるようにできるようになるとより一層よい演奏になると思います。

    それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM