「踏み台」について。

0
    こんにちは。

    今回は「踏み台」についてです。
    踏み台とはアコースティックギターを演奏するときに自分の片足を乗せておくための台になります。

    よくクラシックギター(ナイロン弦)の演奏ではしばしば使われますね。座って弾く場合、踏み台を使ってギターの高さを調整しているのです。

    プレイヤーによって背の高さやフォームは様々ですから、自分の弾きやすい位置にボディーを固定するととても弾きやすくなったり、長時間の演奏がしやすくなったりします。
    ようするにギターボディーを支えようとする時の無駄な力を使わないように調整しているのです。

    このようにフィンガーピッキングでは踏み台を利用したほうがよい場合もあるのですね。ちなみに高さ調整では右足に踏み台にして高くなった太ももにボディーのくぼみを合わせて調整するのが定番ですが、左足を踏み台に置く方もいらっしゃいます。これも運指が良くなる場合があるのでしょう。要はバランスが良くなるのならどちらに置いても良いのです。


    というわけで、踏み台を利用して安定感のあるソロギター演奏を目指してみてもいいかもしれませんね。選ぶポイントは、コンパクトで軽く、丈夫で、高さ調節が出来るものがいいでしょう。 それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM