コードを綺麗に鳴らすには?

0
    こんにちは。いつもありがとうございます。

    さて、ソロギターの演奏にはコードを弾くことが多いですね。この時1つのコードを1つずつバラバラに弾くアルペジオがよく使われるのですが、これがなかなか綺麗に鳴らなかったりしますよね。

    原因は(1)弦を押さえる場所が間違っている、(2)余計な弦に触れてしまっている、(3)握力が付いていない、などが多いはずです。


    ではどうすればよいでしょうか?
    上で挙げた3つについて解説してみたいと思いますので確認してみてください。

    (1)弦を押さえる場所の基本は、狙うポジションの端です。高音側の端、つまりアコギを構えて上から見たとき右側の端を意識して押さえてみましょう。これだけで音も出やすいし、押さえる指の負担も少なく出来るメリットもあります。

    (2)コードを押さえる時には狙う弦以外の弦に干渉しないように注意します。コツは少し指を立てて押さえるクセをつけることです。練習していくうちに修正は十分可能ですので頑張りましょう。

    (3)始めたばかりで練習不足の状態では十分な握力はありません。コツコツ練習していくうちに勝手に付いていきますので心配はいりません。また、始めてすぐは指も独特の指使いになれていないだけなので、この時点で「自分はギターに向いていないなぁ」と挫折しないでくださいね。


    というわけで、上記のような注意点に気を付けてみてください。プツプツと途切れ気味だったアルペジオが綺麗に鳴るようになります。

    流れるようなアルペジオはソロギターの醍醐味であったりもしますので、ぜひ綺麗に鳴らしてくださいね。

    それでは、またです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM