コード演奏に使える「シェイクハンドグリップ」について。

0
    こんにちは。

    今回はシェイクハンドグリップというギターコードの押さえ方についてです。
    ウェスタングリップとも呼ばれますね。

    この押さえ方は、例えばFコードを押さえる時に人差し指でセーハする一般的なバレーコードとは少し違います。まずネックを握手するように左手で握って持ち、6弦だけを親指で押さえます。

    アコギのネックは少々太めの為、手の大きさ(指の長さ)がないと厳しいかもしれませんが、これをマスター出来れば少しだけアコギの世界が広がる感じがします。

    (ちなみにクラシックギターの世界ではこの握り方は御法度だそうですね)

    とりあえず、コードストロークが多いとか、バレーコードを多様するような方はこのグリップでさらに成長する可能性があります。ソロギターの世界では、コードでなくてもヘンテコな押さえ方をする場面があるのです。親指のベース音をつかうフォームで、それを動かしながらメロディーラインを弾くなんて事はザラにあるのです。

    しかし、通常の押さえ方が出来ないとこのグリップもできないかもしれません。出来ても綺麗な音が出せないでしょうし、コードチェンジがうまくできないでしょう。なぜなら基本に慣れていないと各弦への力の入れ方がわからず、無駄に力んでしまうからです。

    なので基本フォームである程度満足な音が出せるるようになってからトライするのが近道だったりします。なによりもまず基本が大事ですね。

    それでは、またです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM