フォークギターとは?

0
    どうも、こんばんは。

    今回はフォークギターについてです。


    よく弦楽器の種類で「フォークギター」というカテゴリーがある時に「これってアコースティックギター

    (アコギ)でいいんだよな?」と思ったりしますよね。 そもそも信号変換や音の電気的な増幅を

    しないのだから、フォークギターはアコースティック楽器カテゴリー、つまりアコギですね。


    かつてフォークソング時代に登場したフォークギターなるものは、コードをメインで使用する想定で

    流行ったもので、海外では呼ばれない日本独自の呼称なのです。よく弾き語りに使われるモデルとし

    て現在でもたくさんありますね。


    特徴は同じ6弦のクラシックギター(ナイロン弦の指弾き専用ギターでピックガードは無い)とは違い、

    鉄弦を張り、ピックガードがついたものです。サイズは大きめで、一般的にはドレッドノートの

    形ですね。


    ピックガードはフォークソングをストロークで弾くことが多かった為、ピックでボディーが傷まないよう

    にしていたからでしょう。ただしスリーフィンガーなど、指弾きでももたくさん使われました。
     
    僕はこの頃の曲を聞くとなんだか寂しくなる気がするんですが、どこか暖かい感じもします。


    現在でもその名残でフォークと呼ばれますが、クラシックと区別するくらいしか意味ないので、

    単純に「アコギ」と括って良いと思います。それだけ「アコギ」で浸透しつつありますよね。
     

    ただ、アコギは広い意味を含むので、バリトンギターやテナーギターのような特殊な音域の楽器も

    含まれるようです。 ようするに、電気的ではなく、本体で音を出せて、スチール弦でならアコギ

    というものだということです。もちろん12弦ギターも含みますね。だから本体が木製かどうかは関係

    ないですね。

     
    それでは、またです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    .

    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

    頑張る人に!

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM