おすすめアコギランキング1位

0
    押尾コータロー的な奏法がメインであれば、アコギに求めるものはまずパワーです。

    前回、押尾コータローさんの曲のビッグブルーオーシャンについてアップしていますが、あんな風にパワフルに弾くタイプであればアコギのボディータイプは大きいサイズのドレッドノートでしょう。

    それでいて抜けが良く、高音も綺麗で中低音に厚みが欲しいですね。ということはオール単板で造りが多少良いものが理想です。引きやすいネックで、割と万能で様々な曲が弾けることも必要でしょう。

    そして見た目!これが結構大事ですよね。せっかく買って、長く一緒に過ごす相棒ですから、カッコいいのがいいですね。ライブでも映えるような。全体のフォルムやピックガードなんかでもカッコ良さが分かれますね

    これらの条件を満たすアコギってどれでしょう。予算にもよるのでしょうけど、あまり安いものに良いアコギがないので、ここはそれなりのを選んでおきたいです。金額が音に直結する面がありますので。

    僕のアコギランキング1位です!



    ということで、良いアコギは一生ものなので少々値段が高くても失敗しないです。
    新品を弾き込むことで音質もよくなりますね。お気に入りのアコギでソロギターがんばりましょう!

    安いアコギセットは買わない。

    0
      いつもありがとうございます。

      今回はタイトルの通り「安いアコギセットは買わない」ということについてです。先日触れる機会があったのですが、ほんとオススメできませんよ。

      そもそも安いアコギセットとは、本体が無メーカーで、付属品でメンテナンス用品やチューナー、弦、スタンドなんかが揃っているもので、だいたい1〜3万円くらいで売られているものです。

      大量生産でコストを抑え、初心者が必要なものが全て揃っています。これは一見お得に見えますが、セットで手軽に揃うようなものは品質が悪いだけでなく、弾いていても気持ちがはいりません。これでは上手くならないのです。

      今は熱が上がっているがこの先不要になるかも、と少し思っているとしてもこのレベルはさすがに良くありません。これがきっかけでもっと良いものが欲しくなるパターンも中にはあるでしょうけど、その時には全て買い換えになってしまいます。売るに売れませんし、ゴミになるだけです。

      最初から良いもので全然問題ありませんから、楽器店で触らせてもらったり、アドバイスをもらったりしながら選びたいものです。その方が大切にしますし、大切に弾くと上手くなるのです。上手くなると余計練習して更に上達していく、という流れも生みますね。

      楽器店でアドバイスをもらったり試奏するときは心置きなく攻めましょう。弾けるものがなかったり恥ずかしかったりするなら感触を確かめた上、店員に音を出してもらえばいいのです。

      反れましたが、、楽器が上手くなるには相棒への愛着は絶対必要になるわけです。ソロギターであれば特に各弦のバランスや音色、弦高なんかも気に入ったものでなければなりません。なのでどうしようもないものは買うべきではないと思います。つまり、初心者が初心者モデルを買うのを避けるべきなのです。

      それでは、また。

      ソロギターなアコギとは?

      0

        こんばんは。

        今回はソロギターに最適と思われるアコギとは何かを考えてみたいと思います。

        と、言ったものの「これだ!」という風に決めてしまうこともないと思ったりもします。

        なぜなら、自分の気に入ったデザインや音色を持ったアコギのほうが楽しいからです。


        ただ強いて言えば、メロディーラインが浮き立つ作りとか、弦高が低くナット幅が広めなものとかが一般的に良いと言われますね。
        ソロギター用というモデルのあるメーカーもありますが、あまり気にすることは要りません。


        まずは楽器店なんかで生音を確認してみましょう。

        いろんな情報が手に入ると思いますよ。色々聞いてみましょう

        それでは。またです。

        マーチンのオススメアコギ

        0
          どうもこんにちは。
           
          今回もオススメのエレアコをご紹介したいと思います。

          モットーとしましては、「手頃な値段で、良い音がして、弾きやすく、長く使える、カッコいいアコギです。 まさにそんな条件に当てはまりまるのはのMartin の「GPCPA5K」です。
          やっぱりマーチンは王道だけあって、モノは良いですね。


          こちらは、マーチンの中でも人気が高いエレアコで『Performing Artist Series』のひとつになります。低価格ではありますが高品質な作りとマーチンらしいサウンドを聞かせてくれるモデルとなります。 トップは定番のスプルース単板ですから。サイド&バックはハイプレッシャーラミネート材になり、めちゃくちゃ良い材とは言えませんがコアパターンなので美しい木目になります。新品で箱鳴りは少ないにしても、トップ単板でありますから育てていけば音の成長は期待できますね。

          エレアコということでピックアップにはFishman F1を搭載しています。このピックアッップはピエゾタイプで、トーンとボリューム、プリアンプ部分にはチューナーが付いていて、シンプルながら使いやすいです。チューナーは一体化してるとほんとに便利ですよね。
           
          音は原音を忠実に再現する良いものです。ただピエゾ特有のペシャッとした傾向はあります。でもさすがマーチンだけあって低音の迫力はありますね。音域のバランスは良いし、ナチュラルなサウンドです。音は別途プリアンプなどで調整すればより即戦力になります。

          このボディーはフィンガーにも向いていますから、抱えやすいしソロギターにはとても良いですね。カッタウェイシェイプによる演奏性能も高いうえ、見た目もかっこいいし、これでこの値段なら全然オッケーだと思いますよ。
          初めて買う一本だとしてもオススメです。 いきなりマーチンオーナーもいいですね。

          それでは、またです。

          メイトンのアコギ

          0
            こんにちは。

            今回はメイトンのアコギについてです。

            メイトンといえば、有名アコギストのトミー・エマニュエルモデルを作るオーストラリアの高級アコギメーカーですね。

            ちなみにトミーはアコギの神様なんて呼ばれるほどの達人です。上手いだけではなく、彼の作る曲はとてもパワフルでいて繊細で、聴きやすく心に染みます。

            さてメイトンですが、メイさんという方が当時手に入りにくいアメリカ製のギターばかりの状況を打破して、オーストラリアでも高品質なアコギを作りたいということで立ち上げたメーカーです。メイさんのトーンで「メイトン」となったそうです。

            もう70年以上も経つようですね。長い歴史の中で沢山のモデルを世の中に送り出しました。そして今日、世界中から評価を受ける一流ブランドとして君臨します。トミーはメイトンを「オーストラリアのヤマハ」と例えたらしいです。

            メイトンは、オーストラリアの良質な木材を使い、クオリティーの高いアコギを作っています。また、ナット幅が44ミリということでフィンガーピッカー向けと言えます。幅広ネックはソロギターには欠かせないかもしれません。

            音も張りがあり、テンションもあるのでこれまたフィンガー向けの要素ですね。ピックアップ搭載のエレアコタイプも多くあり、買ってすぐトミエマのようにステージにも立てます。

            トミーモデルのように小ぶりのアコギは高音を引き立てることができるので、ソロギターではメロディーをはっきり効かせられるメリットが大きいですね。
            こんなメイトン、欲しくなりませんか??僕はとても欲しいです。。

            トミエマの記事⇒トミー・エマニュエルさんの「アンジェリーナ」

            それではまたです。


            ↑↑ちなみにこのアコギはトミーモデルの原型となったRBG808といいます
            小ぶりなのにボディーに厚みがあり、低音もしっかりでます。
            当然オール単板。トップはスプルースですが、サイドとバックはブラックウッドが
            使われており、綺麗な模様が楽しめますね。非常に高い演奏性も備え、大変オススメです。

            アウトドアなアコギ

            0
              おはようございます。

              今回はアウトドアにピッタリな、外に持ち出しやすいアコギをご紹介したいと思います。
              そもそもアコギはどこでも持って行けるのですが、よりコンパクトで良い音を楽しめる
              楽しいアコギをチョイスしてみましょう。


              ■マーチン「バックパッカーシリーズ
              マーチンのトラベルギターです。細身のボディーでもマーチンの
              音を受け継いでおり、ボディーの小ささから想像もできない元気な
              音が楽しめます。価格も安い!
               




              ■テイラー「BABY TAYLOR」
              通常のドレッドノートの3/4スケールで抱えやすいモデルです。
              小さすぎず、歯切れ良い大きな音が特徴です。テイラーは全般に
              弦高が低めなので弾き易さも抜群です。



              女性にはテイラー・スイフトさんのシグネチャーモデルもオススメです。
              装飾がかわいいだけじゃなく、サウンドもGOODです。



              ■K.ヤイリ 「ノクターン
              かなり小さいギターです。小さいですがサウンドホールが左上に空いていて耳に近いため、
              ボディに対してボリューム感がかなりあります。夜な夜な弾くのもいいし、公園なんかに連れて
              いくのもとっても軽くて簡単ですよ。音もハンドメイドの繊細なサウンドとなっています。


               
              どれもスケールが少し短く、女性や小柄な男性でも弾きやすいです。
              それにフレットも狭いため、握りやすいですね。ただし、手の大きい方には
              逆にちょっと弾きにくく感じますのでご注意ください。
              いろんなところに連れ出して弾くと楽しいですよ〜。

              それでは、またです。



              ドレッドノートのアコギ

              0
                こんにちは。

                今回は僕の好きなドレッドノートボディーのアコギについてです。
                ドレッドノートとはご存知の通り、マーチン社が開発した定番のボディーシェイプですね。他に比べると戦艦のような大型のボディーサイズと言うことで命名されたギターになります。マーチンで有名なのは「D-18」とか「D-28」ですね。名機と言われます。もちろんほかにも沢山あります。

                特徴としては、大きいボディーから放たれるダイナミックな音はとてもアコースティックギターらしい響きを奏でます。特に豊かな中低音はドレッドノートならではです。大きめのボディーの中で増幅した音がサウンドホールからドーンと出てくるので弾いていて気持ちがいいです。弦振動を効率的に音に変換しやすい形状なのでしょう。お腹にも低音がズンズンきますね。
                 
                それなのに各弦の音量バランスもそこそこ良く、ボヤけた音にならず、ストロークでもフィンガーでもバッチリなのです。それ故、プロのアーティストからも愛され、歌の伴奏やソロギターに使用され続けるのです。

                最近ではギターのボディーを叩いてパーカッション的なテクニックも広く知られるようになり、そういったテクニックにもドレッドノートは最適なので人気がとても高いタイプのボディーシェイプになります。

                しかしそんなドレッドノートでもデメリットは存在します。一つは、人によりますが抱えにくい点です。多くの男性は問題ありませんが、小柄な方や、女性では少々大きすぎかもしれません。抱えにくい=弾きにくいことになり、演奏に支障があるかもしれません。ただし、絶対無理というわけではないですから、是非お試し頂きたいと思います。

                あと、低音が邪魔だというプレイヤーもおられます。それはソロギターなんかでメロディーラインを強調させたいためです。そういった場合は向かないと言われるかもしれません。でも、僕はテイラーのドレッドノートを使ってソロギターをしますが、メロディーを立たせた演奏はできると思っています。要するにピッキングの加減でいくらでもコントロールできると思うので、そこまで気にする事ではありません。

                ドレッドノートは万能です。どんなジャンルでも演奏でも対応できるんです。是非ともアコギ選びの際には検討してみてください。僕もドレッドノートでソロギターを楽しんでおります。

                というわけで、この辺で失礼します。

                K.ヤイリとギブソンのコラボアコギ!

                0
                  こんばんは。

                  お盆も過ぎて、いよいよアコギの秋がやってまいりましたね。

                  そんななか、是非チェックしてほしいのがこちらです。

                  島村楽器
                  http://www.shimamura.co.jp/sp/machida/?itemid=75276

                  なんでもKヤイリがギブソンシェイプを新発売したそうです。ヤイリなのにギブソンっぽい形とピックガードなんです。夢のコラボですよね。

                  パンチのあるギブソンの音と、ハンドメイドで繊細な作りのヤイリアコギが合わされば最強ですね。かなり音は良さそうですね。

                  値段もリーズナブルだし、ヴィンテージでな見た目もよいし、音も良ければ文句なしです。そして永久保証がヤイリらしいですね。

                  というか、スプルース、マホガニー、オバンコールときましたかぁ。非常に興味深いですよね。

                  フィンガーも良いとかいてあるけど、僕はストロークでガンガン弾きたいです。

                  このSJY-1Aはこちらでも買えますよ。

                  定番のマーチンギターをチェックしよう

                  0
                    こんばんは。

                    今回は人気アコギの「マーチン」のお買い得情報リンクをご紹介します。

                    高いイメージのあるマーチンギターですが、5万円〜10万円での価格帯に絞って、

                    手の届くマーチンを見て見ようというものです。

                    以下のリンクは僕が作成したものです。マーチンの一覧に飛びますので参照してください。
                    (価格の高い順にならんでいます。中古も混ざっています)


                    ⇒ マーチン 5万円〜10万円商品一覧



                    マーチンは安くてもさすがの音ですから。いろいろやるならドレッドノートで問題ありませんよ。

                    いい感じに乾いた音と、サウンドバランスがとてもいいですね。

                    当然、高級なほど音は良いと思いますが、10万弱でも十分良質な音を得られるし、

                    リーズナブルなアコギでも弾き倒していくことで良い音に成長してくれるギターです。

                    もしどのギターが良いか迷っているならマーチンは間違いありません。

                    安く本体を手に入れてピックアップを搭載すれば、ライブもできますね。

                    是非チェックしてみてくださいね。

                    それでは、またです。

                    オススメのアコギ「テイラー110」

                    0

                      おはようございます。

                      今回は手頃な価格で良い音のアコギを一つご紹介したいと思います。

                      「テイラー110」です。メキシコ製で、ピックアップの赤いデザインがかっこいいので好きです。



                      こちらはピックアップが付いていない仕様ですが、これがいいのです。

                      なぜかと言えば、自分で好みのピックアップを後付けできるからです。

                      とりあえず生アコギは良いモノをGETしておきたいという方にはバッチリですね。


                      CEシリーズ(ピックアップ内臓)ですと後付けに変えた時にとても邪魔です。。

                      ずっともともと付いているピックアップを使うのならいいのですが。。


                      しかしながらテイラーの内臓ピックアップの評価はかなり良いですよ。さて、この110はいくつかある

                      シリーズの中では下位のモデルになります。


                      しかし、トップ板は良質なスプルースの単板で出来ていますし、音の成長もありうると思います。

                      サイドとバックはサペリなのでめちゃくちゃ良い材質というわけではないです。

                      かといって悪い音もしません。普通くらいです。本体の価格を下げるには普通の素材にするのです。

                      スプルースとサペリの組み合わせは明るいキャラクターで抜けの良いサウンドになりますね。

                      テイラー製は安くてもクオリティーの高いメーカーなので作りと音は良いと思います。


                      特筆すべきはネックの精度の高さですね。最近のテイラーはネックが良いんです。

                      そしてプレイアビリティーの高さですね。もともと弦高が低めでかなり弾きやすいのが売りです。

                      弾き易いと指がいたくなりにくく、気付くと練習量もガンガン増えます。つまり、上手くなるのです。

                      さらにドレッドノートのボディーですからパワーと深みがある音が良いのですよ。


                      このスペックでこの値段は買いだと思います。

                      ストロークだけでなくフィンガーで使ってもOKな商品です。

                      良かったらぜひチェックしてみてくださいね。

                      それでは、またです。



                      .

                      アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

                      自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

                      コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

                      頑張る人に!

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      コメント

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM