アコギスタンド 5本立てオススメ

0
    こんにちは。
    夏は野外フェスなども多く、音楽に燃えてきますよね。
    ソロギター練習にも力がはいります。


    ところで、自宅のアコギスタンドに良い商品を見つけたのでご紹介します。
    頑丈で非常に安定感があるので倒れる心配もなさそうです。大きめのアコギでも5本立てれますし、エレキやベースもついでに立て掛ければレコーディングなどの時もスムーズですね。



    アコギが増えてくると1本用のアコギスタンドが並ぶことになり、ちょっとぶつかっただけで倒れてしまったり、並んでると最悪ドミノ倒しにまでなったりしますから、こういった複数用のしっかりしたアコギスタンドがとってもオススメです。

    アコギはスレ、割れ、ヘコミ、塗装ハゲ、などのダメージがあると音質だけでなく価値も自分のテンションも下がります。なので普段から安全な管理を心がけるのが大切ですよね。

    それでは、また。

    アコギの弦をまとめ買いしよう!

    0
      ソロギタープレーヤーも消費増税前にまとめ買いしたいものがあります。

      それはズバリ、、弦ですね。 アコギのパーツでは最も消耗品になります。アコギに張っているだけで 空気に触れて酸化が進みます。でも開封しなければ劣化しないから買い貯めOKです。 色々とパッケージで売ってますので是非買い貯めましょう。

      この機会に違うメーカーなどに変えてたり、太さを見直すのも 悪くありません。弦によって音や弾き易さがかなり違うのですから、 自分にあった弦を見つけてもいいでしょう。

      しかもこれから先、梅雨から夏にかけて湿度が高まり、錆びが増えます。 環境や使用回数などにもよりますが、高価なものであっても寿命はあまり変わりません。 劣化して滑りの悪い弦は上達の妨げになるし、音がショボくなります。 音がショボいと燃えてきませんよね?ソロギターへの情熱が。 逆にキラキラした新品の弦は練習意欲が劇的に湧いてきますね。
      つまり定期的に張り替えているとモチベーションが落ちにくいのです。

      というわけで、あまり増税までに時間がありませんが、オススメの弦の 販売ページを作ったのでまとめ買いにご利用くださいね。 こちらからどうぞ→オススメ弦販売ページ

      個人的にはダダリオのフォスファーブロンズ、ジョンピアースなんかを混ぜて10パック程買いましたよ。
      太さはライトです。

      それでは、またです。

      アコギのネックの反りを防止しよう

      0

        こんにちは。

        ソロギターアコギストにとって大切なアコギのネックコンディションについてです。


        ネックには弦の張力が常に50kg前後かかっているために時間を経るにつれ、

        または温度や湿度などの環境によってこの張力に負けてしまうことがあります。

        これらを防止するためにネックはある程度の張力に耐えれるように計算はされて

        いるものの、相当な管理をしていないとやはりすべてを防ぐことはできません。


        よくある「反り」パターンはこんな感じです。

        ・順反り・・・弦の引っ張る力にネックが負けている状態。弦側に反る。
        ・逆反り・・・逆に弦を緩めすぎていると起きる状態。弦側の逆に反る。
        ・波打ち・・・クネクネと凹凸ができてしまった状態。
        ・ねじれ・・・1〜6本の弦のうち6弦側のテンションの強さによって捻じれる状態。


        逆反りや順反りであれば付属のトラスロッドでの調整で多少なんとかできますが、

        酷い状態だと本格的な修理が必要になり、お金もかかります。なので反りは要注意

        というわけです。

        日常的にネックの状態を確認するには、ヘッド側やボディー側から水平になっているか

        目視するか、定規などを使うと確認しやすいです。


        しかし一番手っ取り早いのは、反らない状態にしておくことかもしれません。

        それは曲げる力に対抗すればいいということですので、乾燥する冬場や、ジメジメする

        梅雨のシーズンだけでも、こんなアイテムを使うのもいいと思います。


        こちら、色々なサイズのスケールに使えます。
        もしストレートキープを付けた状態でケースに入れたい人は要確認です。
        こういったアイテムを使いながら工夫して大切なアコギのコンディションを
        整えるのもいいですね。
        それでは、またです。

        みんなを驚かせるソロギター簡単アレンジ技法

        「踏み台」について。

        0
          こんにちは。

          今回は「踏み台」についてです。
          踏み台とはアコースティックギターを演奏するときに自分の片足を乗せておくための台になります。

          よくクラシックギター(ナイロン弦)の演奏ではしばしば使われますね。座って弾く場合、踏み台を使ってギターの高さを調整しているのです。

          プレイヤーによって背の高さやフォームは様々ですから、自分の弾きやすい位置にボディーを固定するととても弾きやすくなったり、長時間の演奏がしやすくなったりします。
          ようするにギターボディーを支えようとする時の無駄な力を使わないように調整しているのです。

          このようにフィンガーピッキングでは踏み台を利用したほうがよい場合もあるのですね。ちなみに高さ調整では右足に踏み台にして高くなった太ももにボディーのくぼみを合わせて調整するのが定番ですが、左足を踏み台に置く方もいらっしゃいます。これも運指が良くなる場合があるのでしょう。要はバランスが良くなるのならどちらに置いても良いのです。


          というわけで、踏み台を利用して安定感のあるソロギター演奏を目指してみてもいいかもしれませんね。選ぶポイントは、コンパクトで軽く、丈夫で、高さ調節が出来るものがいいでしょう。 それでは、またです。

          L.R.Baggs PARA ACOUSTIC D.I (略称パラアコ)

          0


            ソロギターアコギストの皆様、こんにちは。
             
            今回は「L.R.Baggs PARA ACOUSTIC D.I」(エルアールバックス、パラアコースティック

            ディーアイ)についてご紹介したいと思います。


            これは通称「パラアコ」といって、エレアコやピックアップ搭載アコギにとってもはや定番とも言える

            プリアンプですね。

            DSC_0187_copy.jpg


            我が家にもありますがつかいやすくてとても良いですよ。

            上部に電池ボックスがあり、前面は写真の通り操作パネルとD.Iジャック、下部にはGAINの

            つまみと各種のジャックがあります。


            一番の機能であるプリアンプはローノイズのまま原音を素直にそのまま増幅してくれます。

            さらに4つのつまみをコントロールしてイコライジングすることで、アコギがもつダイナミックさを

            さらに膨らませて出すことができます。もしちょっと痩せた原音が気になるようならLOW〜MIDを

            調整してあげると、太くしっかりした音を作ることも可能です。GAINをあげただけでもアコギの

            音がしっかりします。でもやりすぎると生音感から離れてしまいますので注意。どんなに上げても

            つまみは11時〜12時で使ったほうがいいと思います。


            それと、高音の調整をしてあげるとエアー感が出て、エレキっぽさが薄れますよ。

            これってマグネチックピックアップを使っている方には意外と重要だと思います。


            ほかにも、写真で言うと左から2番目ノッチフィルターというもので、気になる音域のハウリを

            防いでくれたり、ファンタム電源or電池駆動で機動力も高いなど、メリットも多いです。電池は

            ボックス電池1つですが、持ちはかなり良いと思います。

            ただ、ボディーは鉄製で堅牢に作られていますが、側面の端っこがわりと鋭利なので

            取り扱いには少々注意が必要です。大事な指を切らないために・・・。


            D.Iとしてライブでの出力もうれしいですし、あまり値段も高くないのでアコギストとしては

            1台持っていてもいいかもしれませんよ。

            それでは、またです。


            ↓ 定価34125円ですが、楽天での最安値だとこれです!

            ミニ・ヘッドストック・チューナー

            0
              アコギストの皆様、おはようございます。
               
              最近とても良いアコギ用のクリップ式のチューナーを見つけたのでご紹介したいと思います。
               
              それはPlanet Waves ( プラネット ウェイブス ) PW-CT-12

              - NS Mini Headstock Tuner -ミニヘッドストック チューナーというものです。(下の商品画像参照)
               

              ↑アコギのヘッド部分に取り付ける超小型のチューナーなんですが、ペグ1つ分よりちょっと大きい

              くらいので本当に小さくて、正面からみたらヘッドに隠れて見えないです。

              設置はネック寄りのヘッドになりますが、1フレットを使用するコードを弾いても全然邪魔になりません。


              これを付けっぱなしにしておけば、邪魔にもならずにいつでもチューニングできるわけです。

              しかも高精度。なおかつ液晶は見やすくて、画面の色でチューニングが合ったことがすぐにわかるので

              便利ですよ。本体の見た目もカッコいいですね。 値段も定価3360円というお手頃価格です。

              ネットならもっと安く手に入りますね。


              ただし、アコギのヘッドで支えて吊るすタイプのスタンド使用時は、

              チューナーに接触するかもなので注意が必要です。でも取り外しも簡単なのでヤバければ

              はずしましょう。
               
              それでは、またです。

              アコギパーツのTUSQ(タスク)

              0
                 こんにちは。

                今回はTUSQ(タスク)についてです。


                タスクとはグラフテック社が開発した人口象牙のことですね。高級なギターにはもともと付いていたり

                します。これに変えるだけでアコギの音が良くなったりしますね。

                プラスチックなどに比べると硬く、音の響きを発揮するには良い素材です。おそらくですが、

                ガラスなどの成分が入っているように思います。というのも、テーブルなどに落としてプラスチックと

                タスクを比べてみると明らかにタスクのほうが硬質で、落とすと「キーン」という金属っぽい

                音がします。でも実際は金属ではないのですが。。


                本物の象牙は使ったことがありませんが、同じく高級素材の牛骨と比べても音は負けません。

                それどころか、牛骨よりも高音や倍音には高級感が増すように感じます。

                サスティンは同じくらいでしょうか。


                ↓これがTUSQのブリッジピンです。色は白か黒、サイズは2パターンが主流。
                ルックスもかっこいいですね。こんな小さなパーツでも音は変わるのです。


                タスクに変えられるのはサドル、ブリッジピン、ナットになります。サドルやブリッジピンであれば

                お持ちのアコギのサイズなどから、自分で変更できるものです。必ずサイズを測りましょう。

                ナットについてはプロのリペアショップや楽器屋さんで交換することをおすすめします。

                サドルもできればプロに頼むのがいいですね。

                というのも、サドルやナットは弦振動をボディーに伝える重要なパーツなので、下手に加工して

                しまうと振動や響きが十分にボディーに伝わらずにパワーがロスしてしまい、結果音が痩せて

                しまったりするケースがあるためです。最悪なのはオクターブピッチがずれてしまって、

                ハイフレットで音程が安定しなくなることですね。なので、自身がなければプロにまかせましょう。


                ただ、交換すれば間違いなく音はよくなります。音が良くなると弾いていて気持ちがいいので

                練習に身が入りますね。

                タスク自体はどれも数百円〜10.000円くらいなものなので安いのですが、年数が経つと弦交換での

                摩擦で削れていきます。硬いわりに加工しやすく、若干削れ易いのも特徴ですね。ちなみに僕の

                タスクは1年くらいで真っ白から黄ばんでしまいました。まぁ、それくらいいいのですが。


                そんなわけで、簡単にアコギの音を良くするアイテムとしてはタスクはオススメです。

                まずはブリッジピンでも変えてみてはどうでしょうか?意外と音は変わりますよ。

                それでは、またです。


                TUSQ製のピックもいいですね。クリアーでリッチな
                音で演奏できますよ。他の人と差をつけましょう。
                TUSQピック White A5/1.00mm×10枚

                TUSQピック White A5/1.00mm×10枚
                価格:840円(税込、送料別)


                ToneRite(トーンライト)でアコギの熟成

                0
                  おはようございます。

                  今回はトーンライトというアイテムをご紹介します。


                  これは、アコギに装着して振動を与えることで長年弾き込んだ状態を機械的に作り出すものです。

                  正式には「ToneRite/Guitar:3G」といいますが、ギター用の楽器熟成器なのです。




                  普通新品のアコギや、あまり弾いてあげた年数が短いアコギはまだ熟成半ばなので、

                  本来アコギのもつダイナミックで広いレンジの音域や、音量やバランスなどが未熟です。

                  そこで毎日弾いてあげることでボディーに振動を与えて、知らないうちに潜在的な音の良さを

                  引き出していくのです。しかし音を良くするには時間や手間はかなりかかります。

                  ゆっくりじっくりアコギを弾いて育てていくのが一番よいのですが、できればよい音、熟成した

                  アコギ本来のポテンシャルを早く手に入れたいのが本音ですよね。。


                  そこでこのトーンライトで弾いていないときにも演奏状態を与えることで、熟成を進めていき、

                  早い段階で良い音にするというのです。プロのプレイヤーからも「音のバランスが良くなり、甘く、良い

                  反響が得られる」とのコメントがなされるほど効果があるようです。

                  72時間ほどで効果があるようだし、脱着の手間もほぼないのが良いですね。

                  少々高いですが、音にこだわるのなら値段以上の期待がありますから試してみては

                  いかがでしょうか?  それでは、またです。

                  アコギの弦の交換時期

                  0
                    こんにちは。

                    今回はアコギの弦の交換時期についてです。

                    弦は切れなければいつまでも弾けてしまうのですが、次第に劣化して弾きにくくなっていきます。

                    これは空気中の水分や、練習したときに付着する汗などの手の汚れが原因となるためです。

                    劣化し、滑りの悪くなった弦は練習の妨げになるし、音もあまりよくありませんね。


                    なので通常のブロンズ弦であれば1ヶ月に1度の交換をおすすめします。

                    少し面倒くさいかもしれませんが、慣れれば五分もかからずに作業することができますよ。


                    張りたての弦でガンガン練習しましょう!練習後は軽く乾拭きすることで

                    良い音を長持ちさせられますよ。

                    それでは、またです。


                    ちなみにコーティング弦なら交換が少なくて済みますね。値はちょっと張りますが。。
                    ダダリオのこの弦は、コーティング弦でありながら音質も追及した
                    薄めのコーティングなのでオススメですよ。 太さもライトがGOODです。

                    アコギのピックを選ぼう

                    0
                      こんばんは。

                      オリンピックが始まりましたね。みんなで日本選手団を応援しましょう!

                      ところで今回はピックについてです。ピックとは右手で握ってアコギの弦を弾くアイテムですね。当たり前ですね。ソロギターにはあまり使わないかもしれませんが。。

                      基本的に使いやすければなんでも良いと思います。
                      しかし形や厚さ、硬さの種類はたくさんあって悩むという方もいらっしゃると思います。

                      形は「おにぎり」や「ティアドロップ」が代表的ですね。このどちらかが良いと思います。音的には、おにぎりのほうは握りやすく迫力がある力強いストロークが出ますね。一方ティアドロップは少しボリュームが落ちますが抜けがよく、単音のリフやアルペジオが弾きやすい傾向がありますね。ただ、小さい為に落とし易いデメリットがあります。

                      また、厚みも考慮しましょう。これも音や弾きやすさに影響します。一般的にはソフト、ミディアム、ハード、へヴィなどでしょう。どれが良いかは触って確認します。

                      材質も少し大事です。モノによっては消耗が早かったりします。一般的にはプラスチック、ナイロン、アクリル、べっ甲、ステンレス、硬質樹脂などでしょう。ちなみに弾いていて滑りにくいのもポイントです。
                      耐久性からいくとおにぎりのハードが長持ちします。弾きやすい角が3ヵ所あるのも良いですね。


                      ではまとめです。
                      ・硬いピックほど音も硬質になり耐久性があるが、ひっかかる感じが強い。つまり長時間の演奏には向かない。
                      ・ソフトなピックほど柔らかい音になるが削れやすい。振り抜く力が少なくて済むがボリュームに欠けることもある。厚みが無いと折れる時もあるがそれは素材に左右される。


                      ちなみに太い弦をお使いの方はそれ相応の硬さのピックを選びましょう。ピック折れの原因になりますので。それからコーティング弦を使用の方はハード系なピックだとコーティングが傷む可能性があるので注意です。

                      あとは色や模様、ブランドなどの好みで選べば良いでしょう。最初は複数買って色々試してみるのが良いですね。僕はティアドロップ形で硬さがミディアムというのが好きです。予備も含めたくさん買っておきます。

                      色々書きましたが、是非参考にしてみて下さいね。
                      それでは、またです。


                      .

                      アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

                      自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

                      コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

                      頑張る人に!

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      コメント

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM