SEKAI NO OWARI (世界の終わり)

0
    こんにちは。

    特にソロギターとは関係ないのですが、今若者の間ではSEKAI NO OWARIというグループは今人気みたいですね。少し動画など見たのですが独特な世界観のある四人グループですね。再生回数もかなりあります。

    全部聞いた訳ではないですがとてもよい曲がありました。
    例えば、キラキラしてエモーショナルな「スターライトパレード」、ポジティブで良メロディの「RPG」、楽しいストーリーが見えてきそうな「炎と森のカーニバル」などが好きですね。

    曲の展開や音源やサウンドセレクトもなかなか良いですね。
    そしてこれらは比較的歌いやすい進行なので弾き語りをしても良さそうですね。
    それにしても、演奏も良いですがビアノ担当のsaoriさんが美しいですね。

    ということで、流行りの曲もたまに聞いてみるといいですね。
    弾き語りができるスコアがあったのでのせておきます。ではまた


    練習不足と握力低下

    0
      ソロギターは日々の練習の積み重ねが物を言うと今まで言ってきました。
      おはようございます、トリッピンです。

      本当にその通りで、著名な方でも練習が結果を産むと言ってる方が多いですね。
      そんな中、諸々の作業に追われてしまってまたアコギを持たない約1ヶ月をやってしまいました。

      昨日久しぶりにアコギに触れてみると驚きの握力低下でした。。セーハがしにくく、力が思うように入らない。残念ながらたった1ヶ月でも筋肉は衰えてしまうのですね。若い人ならちがうかもしれませんが、30台半ばの私はかなり衰退を感じます。特に小指の衰えがひどくて、鍛え直さないといけません。あと、ストレッチもやりなおさなくては。

      ちなみに練習曲も若干忘れている部分もあったりしますが、体が覚えていることもあってなんとか思い出しました。少し前に練習していたチューニングの異なる曲は半分は忘れていることもありますね。ちょっと練習から離れているだけでもこんな有り様で、これでは上手くなるわけがありませんね。

      しかも固くなっていた指先の皮はやや戻り始めていて、練習後はちょっと痛みます。
      爪ものびのびになっていたので改めて整えますが、爪だけは健康的にリフレッシュしているような気がします。ちょっと厚くなったような。。

      というわけで、あまり練習を間をあけてしまうと良くないということがお分かりいただけたでしょうか。しばらくすればまた筋肉は戻ると思うので頑張ってみたいとおもいます。
      それでは、またです。

      祝2014年 そしてアコギ。

      0
        明けましておめでとうございます。

        さて、アコギの練習してますか?
        新年ですから新曲に取り組むのも良いですね。僕の様に記憶力の低い人は今まで弾けるようになった曲もたまには演奏しましょう。でないと、すぐ忘れてしまうのです。

        ある程度は体や指が覚えている部分もあるのですが、色んな曲に取り組んでいたりするとそれぞれチューニングが違ったりしていますから、とても混乱するのです(笑)

        1ヶ月とか空けずに弾いていれば全然オッケーなんですが。。。なんの曲も練習しないのが一番だめで、指の皮も元にもどってくるし感覚もすっごく下手くそになります。押尾コータローさんもおっしゃるとおり、毎日少しでも練習を重ねていくのがとても大切だと感じます。

        そういえば、何か弾きたいけど叩き系に飽きた〜とか、メジャーな曲を挑戦したい!というひともいるかと思います。僕も押尾さんやトミー・エマニュエルさんに没頭していたので違うのもやってみたくなったことがあって、調べてみたことがあるのですが、これがすごいんです。

        アコギでのソロギター用にアレンジされてるものは意外と多いのです。例えば映画音楽やCM、ジブリ、クラシックの曲やあまちゃんのテーマなんかもあるんですよ。もしやってみたければ試してみてください。僕は好きだった映画の挿入歌なんかをトライしたことがありますがなかなか楽しいですよ。余程でなければ簡単に弾けるようにアレンジされてるはずですし、家族なんかに聞かせるとわかってもらえるという喜びがあったりします。

        そんなわけで、色んな曲でテクニックを磨いていきましょう。
        では、またです

        クラシックギタリストの村治佳織さん

        0
          こんばんは。

          前回はクラシックギターでのソロギターでバーデン・パウエル氏をご紹介しました。

          今回もクラシック界の美しいギタリストである村治佳織さんの演奏をご紹介したいと思うのです。

          まずこの動画をご覧ください。
          http://youtu.be/saIV6FIe1eo

          これは1989年のイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽です。実際はピアノのパートを村治さんのクラシックギターでアレンジしてオーケストラと弾いています。

          たくさん良い演奏をされていますが、特にこのようなオーケストラとの共演が僕には良いと感じられました。ソロギターがオーケストラの主役をやれているのが素晴らしいし、ものすごく雰囲気がいいですよね。

          音色も素晴らしいですが、演奏の安定感、強くもなめらかな指使い、抑揚、表現力などかなり参考になります。

          ナット幅がものすごく広いはずなのに、手の小さい女性があんなに自由に弾いているところも尊敬できますね。なにより楽しそうですね。

          アコギとクラシックギターという違いはありますが、やはり色んなことが勉強になります。参考にしていきましょう。

          では、またです。

          バーデン・パウエル

          0

            おはようございます。

            現在、世界のアコギ界で神と言えばトミー・エマニュエルであることは間違いありませんね。まだご存知なければYouTubeなどで見てみると凄さが分かるでしょう。


            ところで少し時代は遡って、尚且つクラシックギター界の話になるのですが、ここにも神がいました。


            生没1937-2000、出身ブラジルのバーデン・パウエルです。精巧で技巧的な演奏、表現力、作曲センス、どれをとっても一流です。


            今尚ブラジル音楽史では神の存在であり、誰も彼越えることができていません。気になる方は一度動画を探してみてください。少ないですがあります。


            あの運指とフィンガーピッキングはアコギプレイヤーでも一見しなければなりませんよ。それに曲の作りや、ボサノバ独特のアレンジなども参考になりますね。ちなみに映画音楽にもなった「黒いオルフェ」は本当に胸に滲みます。

            それではまたです。





            本日の「ギターを弾きまくロー」

            0
              こんばんは。

              今日もやってましたねー押尾さんの番組。いよいよ来週が「戦メリ」エンディング部分ですね。

              僕もこの曲はだいぶ前に練習したことがありましたが、低フレット側でのライトハンドはだいぶ苦戦しましたので、この番組がその当時やっていたら良かったのになぁと思います。
              しかし細かなところもとても丁寧に解説していますし、指導者としても一流です。

              そういえば以前番組内でイサトさんやヘッジスに影響を受けたと言っていましたが、いまや押尾さんがアコギファンにかなりの影響を与えていますよね。

              さらに懐かしいのが今回の番組最後のライブで「Hard Rain」を弾いてたことです。コーラス強めな音作りが押尾!って感じでしたよね。これもだいぶ昔練習した人も多いでしょう。でもその時とは弾き方は違いますが。。常に奏法は進化してるんですね。

              昔の曲もスラム奏法というか最近の押尾奏法だとかっこいいし新鮮な感じもしますね。新たに取り組むのも面白そうです。とりあえず、生徒さんみたいなアコギが欲しいなぁ(笑)

              それでは、またです。

              新生活にアコギ。

              0
                こんにちは。

                新生活が始まり、少しずつ新しい環境になれてきて、しかも連休目前で楽しくなって来ている人も多い時期ですね。僕もその一人です。

                しかし学校や職場から帰宅したあと誰もいないと少し虚しくなりますが、アコギがあるとホッとするのです。よく、お部屋にインテリアとして置く人もいますが、それとは少し違います。

                アコギの佇まいもなんとも言えないのですが、「おかえり、さぁ早く弾いてくれよ!」とか、「今日もガンガン音をだすぜ!」と言っているかのように見えます。そうなると弾かずにはいかないですね。

                今メインで使っているフォルヒは本当に気に入っていて、所有する喜びと、サウンドと、見た目と、、本当にいてくれて感謝しているわけです。たくさん弾いてあげて喜ばせてやりたいと思います。

                もし興味があれば、新生活にアコギを始めてみませんか?その時はぜひ「これしかない!」という一本を持って欲しいと思います。弾き語りでもよいし、ソロギターをやってみるのも楽しいですよ。

                それでは、またです。



                アコギの生音にこだわってアンプから出したいならコンデンサーマイクを付ける手もありますね。

                トミー・エマニュエルはすごい!

                0
                  おはようございます。

                  今回はトミー・エマニュエルさんについてです。
                  彼の演奏を改めて聞いてみると、ほかのソロギターアーティストと何か違うオーラがありますね。

                  例えば、アコギを体の一部のように扱えるところや、ダイナミックな弾き方と繊細な弾き方の両方のメリハリがあるところですね。

                  作曲にしても、センスの高い作品が多いです。古いですが「ハント」のような狩場の壮絶なイメージや、「クエスチョンズ」のような何か優しく問いかけるイメージのバラード曲まで幅広いですよね。

                  アコギのレコーディングも、とてもハイレベルなマイクシステム?により、ハウらずに力強い生音を聞かせてくれます。

                  そもそもピッキング自体強いため、アコギの持つ広い音のレンジを活かしているともいえます。そして左足で正確なビートを刻みますね。

                  彼に近づきたいのなら、我々が拘りすぎる運指以外の部分を鍛える必要があるかもしれませんね。

                  というわけで、またです。


                  謹賀新年

                  0

                    アコギストの皆様、明けましておめでとうございます。

                    本年も宜しくお願いします。


                    さて、昨年はたくさんお役立ち情報をアップできていたのですが、

                    暮れになって立て込んでしまい、だいぶご無沙汰になっておりました。

                    でも今後また少しずつアップしていきたいと思います。


                    そういえば、今取り組んでいるサイトもご紹介してみたいと思います。

                    その名も・・・ 「TORIPPIN GUITAR〜ソロギターを始めよう!」(トリッピンギター)です。

                    このブログの情報を基盤に見やすくわかりやすくまとめて、さらに

                    ブログには無い優良なコンテンツを載せていきたいなと考えております。

                    現在は作成段階なのでまだちょっとしか出来ておりませんが、

                    正式に完成しましたらまたご報告致します!

                    ソロギタープレイヤーの皆様、是非ご期待ください。


                    それでは、これからも当ブログ、サイトも宜しくお願い致します。


                    YUI×押尾コータロー(FNS歌謡祭)

                    0
                       こんばんは。

                      トリッピンです。本格的な冬が到来していますが、風邪など引かないようにしましょう。

                      ところで先日の12月5日にフジテレビで歌謡祭が長尺でやってましたね。

                      あまりちゃんと見れてなかったのですが、ちょうど押尾コータローさんが出演してましたが見ました?


                      たしかYUIさんとのコラボで、彼女の持ち曲「CHE.R.RY」のボサノヴァバージョンだったと思いますが

                      かなりしっとりした感じでよかったです。座ってましたし。まあ押尾コータローさんはあまりテクニックを

                      ぶち込めず、伴奏を丁寧に弾いておられました。でも、タッピングハーモニクスを節々に入れつつ、ち

                      ょっとした存在感をだしていたように思います。


                      あれだけアコギが上手いと、アレンジもササッとやってのけてしまうんですね。とてもすごいと思いま

                      す。押尾さん単品でも登場したんでしょうか??見逃したかもしれません。

                      YUIさん若いのような方の曲はあまり多く聞かないのですが、この時の曲はわりと好きでした。

                      色んな曲を聴くって大事ですね。

                      それでは、またです。



                      .

                      アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

                      自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

                      コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

                      頑張る人に!

                      最近の記事

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      コメント

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM