ソロギターを挫折しそうになるとき

1

ソロギターを続けていると、挫折しそうになるときがありますね。


例えば、、

一部のフレーズがどうしても引けない

弾きすぎて指がズキズキ痛くなった

張り替えた弦がすぐ切れた

覚えていた弾き方や曲を忘れた

録音して聞いたらド下手だった

友人のほうが上達が早いと気付いた


など、、実は自分の体験談なのですが。
でも数年経った今でもやってますし、楽しめています。

僕の場合はあまりオリジナルを作ったりするよりは、好きな曲を見つけては完コピしていって、できたときの充実感に浸るというのが楽しみなのです。

というか、好きな曲はどうしても引けるようになりたい、と思うのです。だから案外挫折しないのかもしれません。

押尾コータローさんの曲も昔からやってますが、パーカッションが多く入っている曲が気に入ってしまってからは、パームをいれながらどうやってストロークしていいやら、挫折の危機になりました。

でもやっぱりかっこよく弾きたいと思ったし、動画やスコアの解説などで研究を続けて毎日練習してました。爪がだいぶ削れて弾きたくても引けないパターンもありましたね。。

たまに課題曲を練習中に、他人が同じ曲を弾いてる動画を見て凹んだりもしますが、負けたくないと奮い立つことも多いです。

そういえば、他人の演奏動画って物によってはかなり役にたちますよ。へんてこなフレーズでどうやってるか考えるのも面倒な時には参考にするとイメージが沸きやすいです。

というわけで、挫折しそうなときもありますが諦めず頑張りましょう。目標など決めるといいかもです。とりあえず3曲ひけるようになって家族や恋人の前でミニライブをするとか。。どうでしょうかね。

それでは、またです。

・・・そういえば、すごくいい音の弾きやすいアコギを買ってみると
モチベーションが格段に上がりますよ。モチベーションがUPすると練習量も増えて上手くなります!
なので、アコギを買う資金を貯めるのもいいかもしれません。
Whole YouTube ⇐YOUTUBEでお金を稼ぐための教材です。
 


押尾コータロー「Big Blue Ocean」 を弾こう!

0
    こんにちは。

    今回は押尾コータローさんの名曲 「Big Blue Ocean」についてです。以前にもこちらでご紹介しておりますが、やはりこの時期は一番盛り上がる曲に間違いないのですね。

    この曲は難しいところは特にありませんが、トータルでノリ良く弾ききれるかがポイントだと思います。多少楽譜通りでなくとも、勢いでピッキングしていく姿勢も大事かと思います。
    Big Blue Ocean(ビッグブルーオーシャン)という名前の通り、大きな海のような壮大な気持ちで弾きましょう。

    それと、叩いてハーモニクスを出すところは連続するのでタイミングが大事ですね。その次の音へうまく展開するような、上手い繋ぎ方をすると上手に聞こえます。

    あとはメロディーラインが立つように気持ち強めのストロークも必要ですね。これができると聞く側としては気持ちいいです。もしあまりこれができないとなにやっているかわからないです。。ジャカジャカストロークの中にメロディーがしっかり引き立っているようなイメージです。

    いずれにせよ、押尾コータローさんの曲やライブ映像で研究してみるのがいいです。運指やストローク、パームなんかは見てパクるのが一番だと思います。
    あと、ライブなどでリバーブを深くかけすぎないようにしましょう。ぼんやりした音になりますので。

    というわけで、 Big Blue Oceanで夏を満喫できるといいですね。初心者の人でも練習すれば必ず弾ける曲です。大海原を想像しながらコツコツがんばりましょう!


    ↓↓ 「Big Blue Ocean」など名曲が弾ける楽譜です!


    聴衆を魅了するソロギター簡単アレンジ技法

    メロディーとベース

    0
      どうも、こんばんは。

      先日、ソロギター(指弾き)をやっている友人がメロディーパートとベースパートを分けて練習していると聞いて、両方同時進行で弾いたほうがいいとアドバイスしました。

      理由は時間短縮と、曲全体で運指を覚えたほうが完成度が高いと思ったからです。現に僕はそのように練習しています。実を言うと、友人のような練習はしたことがありませんでしたから、どっちがいいと判断できのいのですが、そこは経験で言ってしまいました。

      しかし、全く聞いたことが無い曲であった場合や、どちらかのパートが難しいフレーズであった場合は、部分的に分離して練習してもいいかもしれません。そのほうが音の流れが理解しやすいかもしれませんね。指の運び方を捉えやすくなりますね。ただしかなり難解なタブ譜やギャロッピングをやるときなどに限りますが。

      基本はやはり、まずざっくり曲を聞いてみてから部分的に練習して、全体を通して弾けるようにします。やはりメロディーとベースのパートごとには分けずに同時に進めることだと思います。

      うまくいかないところはひたすら繰り返します。ピッキングがもたついてしまうようなら右手がスムーズにピッキングできるように体に叩き込みましょう!どんな曲でもきっとできるはずです。


      基礎を固めたいと思う人には「ソロ・ギター練習帳」も良いですよ。

      地道に練習するのが、良い演奏へつながりますね。
      それでは、またです。

      曲の抑揚を表現しよう

      0

        おはようございます。

        いつもありがとうございます。

        今回は「抑揚」(ヨクヨウ)についてです。
        ここで言う抑揚というのは、曲の流れのなかで強弱を付けるべき所という意味です。サビなどの盛り上がっていく部分や、逆に少し静かにピッキングする箇所のことです。

        こういった部分を意識しなければとても平坦な演奏になってしまうでしょう。あの押尾コータロー氏も曲作りの際に「抑揚」を意識しているとおっしゃっています。

        では上手く表現して弾くにはどうしたらよいでしょうか?まずは原曲をよく聴いてみてその曲の山場や抑え気味な部分を頭に入れます。それを意識して繰り返し練習します。

        強く弾くにしても弱めにするにしてもピッキングの精度はキープしつつ、ニュアンスに調子を付けて弾いてみます。やりすぎはだめですね。

        たったこれだけで今まで弾いていた曲のクオリティーが増すはずです。初心者の方は是非やってみてください。

        それでは、またです。



        アプリで楽譜(スコア)ゲット!

        0
          こんにちは。

          今回は僕がソロギター練習でよく使っているアプリをご紹介したいと思います。その名も

          「Songsterr」というアプリで、僕がダウンロードしたのはAndroidスマホ用のもので価格は

          495円でした。(たまに価格改定している模様)


          何がすごいのかというと、一度アプリをダウンロードしてしまえば国内外のアーティストのスコアを無

          料で好きなだけ練習に使えるという画期的なものなのです。全ての曲が網羅されているわけではあり

          ませんが、押尾コータローさんもトミエマもありましたから僕は十分でした。正規のスコアでなくともか

          なり正確に採譜されているので、やるとしたらニュアンスだけ調整するくらいです。


          ちなみにアプリの説明には「Songsterr」は40万の高品質なギター、ベース、ドラムのタブに瞬時に

          アクセスできるタブアプリ」とありますから、相当量のデータがあるのでしょう。


          使い方も簡単です。アーティストや曲を検索して、ダウンロードします。それを読み込むと画面上にス

          コアが表示されて電子的なアコギ音でガイドのデモ演奏が再生されます。好きなスタート場所を選択

          したり、速度も落とせるので練習にはいいですね。パートが二つある場合でも一つずつ選んで練習す

          ることができます。


          なんといっても、一曲のために楽譜一冊買う手間がなくなりますから、非常に経済的です。とても練

          習になるし使ってみてください。耳コピに疲れた方にもオススメです。

          それでは、またです。

          耳コピのコツ。

          0
            こんにちは。

            楽譜の無い曲をカバーしたいときによく「耳コピ」を使います。耳でコピー
            する、という意味です。つまり耳で聞いてギターコードを探したり当てはめたりする行為のことです。これに慣れるとどんな曲でも音源を聞くだけでタブ譜なしで弾けたりします。

            弾きたい曲の単音部分は適当に探しても見つかりますよね。逆にコードを探すのは大変なのです。しかし、ちょっとしたコツをつかめばそんなに難しくありません。


            それには二つの方法があります。

            1、歌メロからキー(音程)を拾い、そのキーが含まれるコードを使って探してみます。地味ですが割りと確実です。当然インスト系ではてきません。。

            2、ベース音を拾い、その音が含まれるコードから探してみます。もしくは低音の響きから探ります。

            どちらも細かな部分、例えばメジャーコードなのかマイナー系なのかなどは試していくしかないです。前後のつながりで判断出来るときもありますね。ちなみに曲の最後に使われているコードが曲としてのキーと思っても良いでしょう。あと、押さえる場所(ローフレットなのかハイフレットなのか) についても、慣れていくうちにわかってきます。やっていくうちにコードの響きやテンション感などは聞き分けられますよ。

            絶対音感など要りません。練習あるのみですよ。それでは、またです。

            押尾コータローさんのタッピング

            0
              おはようございます。

              押尾コータローさんのタッピングはとても早く、正確で、綺麗に鳴っていますよね。カッコいいので是非マスターしたいテクニックです。

              しかし初心者では1つの音を出すだけでも大変だったりします。鳴っても詰まった抜けの悪い音だったり、ノイズっぼかったりします。どうしたらかっこよく鳴らせるのでしょう?


              まず通常のライトハンドタッピングが連続する場合は、1つずつ正確に音が出るポイントを確かめながらゆっくり練習しましょう。これと同時に左手の押弦もチェックします。右肘でボディーをしっかり支えることも忘れないでください。

              レフトハンドタッピングは音の出づらいローフレットのパターンが多いので
              握力アップを意識して毎日練習すれば大丈夫です。すばやく指を真上から叩
              き下ろすイメージです。あまり弱いとダメですよ。


              それと、アコギの生音では出せるボリュームに限界があるので、生音でCDのように出来なくてもめげないでください。もしピックアップで音を拾ってアンプから出力できるならやってみると意外と簡単にできたりしますよ。

              ピックアップの中でもマグネチックタイプだと弦鳴りメインで拾いますのでタッピングやハーモニクスはとても良く鳴ります。また、古くなった弦は鳴らないので練習になりませんから早めに交換しましょう。

              押尾さんも言っている通り、毎日練習すれば絶対できます。頑張りましょう。
              ニューアルバム発売中!
              押尾コータロー/Reboot&Collabo.[CD][2枚組]

              押尾コータロー/Reboot&Collabo.[CD][2枚組]
              価格:3,200円(税込、送料込)


              NHK「押尾コータローのギターを弾きまくロー!」

              0
                こんばんは。


                さっき家に帰ってきて大変なことに気づきました。

                なんとNHKのEテレで NHK「押尾コータローのギターを弾きまくロー!」 という趣味の番組が

                やっているではありませんか。

                途中からなんとか見れましたが、先週放送した第一回はどうやら見逃した模様。

                しかし、来週月曜の朝11:30から再放送があるみたいです。


                こちらの番組は講師がアコースティック・ギタリストの押尾氏、生徒っぽい設定で三倉茉奈さん、

                渡部豪太さんらが登場しており、難しいといいながらも「戦メリ」の1フレーズをみんなで練習して

                おりました。右手でハンマリングするあれです。初心者でもそれなりに形になってましたね。


                押尾さんはとっても親切に分かりやすく解説してくれて終了しました。

                これなら代表的な押尾テクニックが誰でもわかりやすいはずです。

                そういえば番組の最後に押尾さんが「MOTHER」を弾いてました。

                やはりプロは上手い!という感じですね。

                押尾奏法が知りたい方にはとても参考になる番組です。全9回なので残り全部見てください!

                次回はアルペジオっぽいです!ファンやアコギストは超必見です。

                ちなみにHPにもありますが、番組から1000円ほどの本も出版されているらしいです。

                それでは、またです。



                アコギ初心者の練習方法

                0
                  こんにちは。

                  今回はアコギ初心者の方向けのフィンガーピッキングの練習方法についてです。

                  と言っても、あくまでも僕の場合ですから、ほんの一例だとお考えください。


                  1、教本をGET

                  まずは頼りになる教本が必要です。なぜか?コード表と指の押さえかた、ストローク、テクニックな

                  ど、基礎を学ぶ為です。ここでキチンとやっておくと複雑なパターンにも対応できるようになります。

                  また、弦の張り方やチューニング方なども確認すると良いでしょう。


                  2、簡単な曲を練習

                  次に教本に掲載されている簡単な曲をやってみます。代表的なのは「大きな古時計」などでしょう。苦

                  手なコードもここでできるようにしましょう。必要なコードや単音なら一音一音確認しながら運指にも

                  気をつけて進めます。左手だけでなく右手もスムーズにピッキングできるようにします。


                  3、好きなアーティストの曲をやってみる

                  慣れてきたら自分の好きなアーティストの曲の譜面(スコア)を手に入れて、簡単なものから練習して

                  みましょう。そうすると初心者の方は必ず壁にぶち当たります。練習したり工夫したりして乗り越えて

                  いきましょう。ちなみに、大抵の曲はYOUTUBEなどで動画が見れますから、アーティストのライブ映

                  像でも良いし、上手な素人さんの動画でも参考になりますよ。高度なテクが出てきても吸収するつも

                  りで頑張りましょう。繰り返し練習すればきっと大丈夫です。


                  4、録音してみる

                  なんとなくできてきたら1曲を通して録音してみるとダメな部分が見えてきたりします。そこをつぶしな

                  がら次のステージへと昇っていきます。レコーディング機材もあるに越したことはありませんが、ケー

                  タイやスマホで十分です。スマホで動画を撮ってみるのもいいですね。ギコチない部分をチェックでき

                  ますし。このへんは自分で工夫してみましょう。動画サイトにUPすると褒めてもらえたりするのでモチ

                  ベーションアップになります。


                  5、人前で弾いてみる

                  なかなか厳しいかもしれませんが、誰かに聞いてもらうという行為は大事だと思っています。聴いても

                  らってアドバイスをもらう他にも、緊張感をもって弾くことができるし、気持ちがいいのです。上手く弾

                  ければとても大きくモチベーションを上げることができます。そうするとどんどん練習がすすむので

                  す。またこんなことをやるとライブにも強くなります。ライブに行けば同じような趣味・趣向の人に出会

                  うのでいいと思います。出演しなくとも色々な他人の演奏を見に行く機会も必要ですね。


                  ざっと言えばこんな流れになりますが、最終的には色々なアーティストの曲を試してみるといいと思

                  います。人によって演奏方法が違いますから練習になるのです。また、すらすら弾ける曲でも抑揚を

                  付けてみたり、コードチェンジをスムーズにするとか、テンポや各弦の音量を一定に保つなど、細か

                  なところまで練習していくと上手になります。

                  それでは、またです。

                  押尾コータローさんの「Landscape」の練習

                  0
                    こんばんは。

                    今さらながら 最近、押尾さんのLandscape(ランドスケープ)を練習しています。

                    ソロギターの曲としては難易度は高く、再現がとても大変な曲だと思います。
                     
                    ランドスケープの楽譜


                    曲調は少しブルージーですが、男らしい力強さを感じるので、僕はとても好きな曲の一つです。

                    ずっと頭のなかで流れまくっております。

                    この曲の肝はその.僉璽爐鬟謄鵐殞匹入れながらカッコいいリズムを産み出す事、

                    その▲好肇蹇璽が乱れないように歯切れよくキープする事、だと思っています。

                    言い換えると右手が肝心!とも言えます。左手の押弦はそこまで難しさは感じませんよ。



                    もしやってみたいとお考えであれば是非おすすめします。レベル上がるはずだし、モテます!(笑

                    ではアドバイスですが、終始パームを入れながらストロークもするという状況が続きますから、

                    押尾さんはどうやってこの奏法をやっているのか?ということを動画などで何度もチェックした

                    方が良いです。細かい動きを見極めて自分に当てはめます。

                    例えば、アコギのどこに右手を置いているか?とか、6連譜×2の時のストロークはどうか?など

                    見て盗むのが良いでしょう。 練習を積めばパームストロークも上手く出来るようになるし、

                    ドン、パン、ドン、パンとリズミカルに弾けるようになりますよ。ちなみにこの時の「パン」に

                    あたる音は指板を何本かの右手の指で叩くものです。「ドン」は右手の付け根をボディに

                    打ち付けた音ですね。 少しずつ研究しながら一緒にマスターを目指しましょう!

                    それでは、またです。


                    ↑↑ランドスケープが載っている楽譜です。


                    .

                    アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

                    自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

                    コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

                    頑張る人に!

                    最近の記事

                    カテゴリー

                    アーカイブ

                    コメント

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM