爪に良い食べ物について。

0
    こんばんは。

    今回は爪についてです。
    フィンガーピッキング用に右手の爪を伸ばす人も多いかと思います。

    さらにコーティングをして強化している人もいるでしょう。
    コーティングならグラスネイルで解決ですね。


    しかしがんばってヤスリで上手くメンテナンスしていても、生爪は割れたり2枚に剥がれてしまうものなのです。コーティングも古くなるとちょっとした衝撃でヒビが入り、その割れ目からパリパリと剥げることが少なくないですね。

    例えば、引き戸を開けるとき、お風呂で服などを脱ぐとき、ペットボトルやビール缶を開けるときなど。日常生活では危険が沢山あるんです。

    こういった不注意に対して少しでも爪を守るには、普段から生爪を健康で強くしておくしかないです。

    爪をたくましくしていくには、食べ物から栄養をとりましょう。爪は皮膚や髪の毛と同じたんぱく質のケラチンというものでできています。このため肉や魚がまず必要。それ以外に野菜などからビタミン類やカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルをバランスよく摂ります。

    要はキチンとした食生活をしていればいいってことなんです。ちなみに亜鉛は重要で、牡蠣や納豆から摂れます。だからといってこればかり摂ってもだめですね。

    また、水仕事が多い人はこまめにハンドクリームなどで保湿してあげましょう。洗剤の成分によっては爪の表面を傷めてしまうので。それとお子様やペットがいるご家庭では十分にきをつけてあげてください。

    それでは、またです。

    ピッキングで爪が減る

    0
      おはようございます。

      アコギストの押尾コータローさんの「ランドスケープ」など、右手のパーム入りの曲を練習しているととても楽しくて時間を忘れてしまいますよね。

      ドンパンドンパン♪とリズミカルに打音を混ぜながらメロディーと伴奏を弾けると超気持ちいいです。

      しかし、時を忘れて弾き続けてると爪が減っていることがあります。爪の長さも多少減りますが、先端を中心に厚みも減ってしまって結構鋭くなっていて焦ります。

      押尾さんの曲はそれなりに激しいピッキングが続くので仕方ありませんが、爪が薄くなると力のない音になりやすいし、爪の割れの原因にもなります。

      人差し指、中指、薬指あたりでストローク気味にピッキングしなければならないパターンが多いので、このあたりはケアしておかないと練習が出来なくなってしまうかもしれません。

      なので、普段からグラスネイルを使って強い爪を作っておくのが良いと思います。硬いグラスネイルでも弾き続けるば削れていきますが、生爪まで到達する前に付け足せば良いですね。慣れると5分もあれば爪強化が完成します。薄い指の爪でも、グラスネイルを何回か塗れば足の親指の爪のように強くなります。アコギの音も良くなりますよ。

      もしご存知ない方はぜひ一度お試しください。
      めちゃくちゃ簡単に爪強化ができて、しかも音が良くなるので本当にお勧めです!

      ほんとにマストアイテムっぽいですよ。流行ってますね。

      それでは今回はこのへんで失礼します。

      グラスネイルで爪の補強

      0
         こんにちは。

        今回はグラスネイルというものを使った爪の補強をご紹介します。


        なぜ爪を補強するかというと、

        .▲灰を弾いたときの音が格段に良くなる

        強いストロークで爪が割れたりヒビになりにくくなる(爪を安全に伸ばせる)

        といったことが大きな理由です。


        もちろん生爪でも全然弾けますが、グラスネイルの存在を知ってからは

        手放せなくなっています。

        ↓ ↓ ↓
         


        使い方は上のリンク先にありますが、ちょっと準備の手間はあります。

        というのは、何種類かの薬剤を使用するからです。でも慣れてしまえば5分くらいで

        強い爪を作れますよ。しかも爪へのダメージはありませんし、見た目も自然ですから誰でもOKです。

        普通、右手の爪に塗るので、最初は左手でゆっくりやればOKですね。


        一番簡単なキットの簡単な流れは、

        …泙量分を飛ばす

        ▲戞璽垢箸覆覯蔀呂鯏匹

        9轍修気擦襯好廛譟爾鬚ける⇒あっという間に硬くなる!(希望する厚さによって◆銑を複数回)

        つ泙笋垢蝓淵侫.ぅ襦砲農阿┐⇒ピカピカになる

        以上で終わりです。めちゃ使用していてグラスネイルが削れたとか、ヒビはいりそうとかいう場合は

        上から補正すればOKです。





        僕は普通にスターターキットだけで問題なく足りてます。ただ、硬化スプレーだけとか減ってしまったら

        それだけを買い足して使用してますよ。そもそも結構もちますし。

        慣れもありますが、うまくできるようになると一度やれば3週間くらいもちます。ムラがあったりすると

        途中ではがれたり、浮いてきてしまいますので注意です。


        グラスネイルはいろんなプロやアマの方、僕のまわりのアコギストもやってますので

        是非チェックしてみてください。とにかく音が綺麗に響きます!ソロギターでは必須かもです。

        それでは、またです。

        アコギ初心者が最速で上達する究極の方法〜3分ギター教材

        爪のケア

        0
          おはようございます。

          今回はネイルケアについてのお話です。

          ■左手の爪

          当然左手の爪はツメ切りでギリギリまで短くカットして、運指の際に邪魔にならないようにするのが一般

          的ですね。最後はやすりで滑らかにしておきましょう。

          ■右手の爪

          問題は右手です。と言ってもプレイスタイルや演奏曲にもよるのかもしれませんので、あくまでも目安で

          しかないのですが。

          生爪で弾くスタンダードと言う意味では、右手の爪は指先から2ミリくらい出るくらいに整えるのが良いと

          思います。緩やかに山の形にすると音が綺麗です。極端に尖んがらせず、必ずやすりで滑らかに整形し

          ます。こうすることでだいぶ弾きやすくなります。両サイドはあまり削り過ぎないほうがピッキング時の力

          が若干強いと思います。小指はかなり短くして、アコギのボディーが痛まないようにしましょう。親指は気

          持ち長めでもいいですね。少し長いとベース音の移動が楽チンになります。

          ただし爪を伸ばす事で、日々生活してるとゴミが詰まりやすかったり、割れやすかったりするし、物を触る

          ときも傷つけないように注意が必要です。思わぬトラブルにならないよう、お気を付けください。

          とりあえず、基本的にはこんな感じですが、長さや形は自分で試しながら弾いてみて微調整するのが良

          いと思います。

          音の改善と割れ防止ができる爪の補強などについてはまたアップしたいと思います。

          そででは、またです。

          1

          .

          アコギの練習時間がなかなか取りにくい人はコレ!

          自宅でレッスン可。スクールと比較すれば簡単・安価!

          コピーに慣れたらアレンジでもっとソロギターを楽しもう!

          頑張る人に!

          最近の記事

          カテゴリー

          アーカイブ

          コメント

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM